絶対借りれるお金・カードローン金融

絶対借りれるお金・カードローン会社は?審査ゆるめの消費者金融情報

絶対借りれる消費者金融は存在する?

絶対借りられる消費者金融は存在しません、銀行に比べると消費者金融の審査は緩いですが、それでも100%借りられるとは限りません。
お金を借りると言う事は、自分の信用を担保にすることを意味します。
また、消費者金融によっては貸し付け基準が異なるため、絶対に借りられるとは言えないのです。
貴方の信用状態によって、借りられる可能性が高いか低いかが決まります。

お金を借りる際には審査がある

銀行、消費者金融などからお金を借りる場合、必ず審査を受けます。
審査をパスしなければ借りたくても貸してくれません。
審査項目は銀行、大手消費者金融、中小消費者金融で若干違ってきますが、基本的な審査項目は以下のようなものになります。
年齢、収入の有無、他社借入の有無、遅延の有無、金融事故の有無(ホワイト、ブラック)などになります。
厳密に言うと、審査内容は金融機関のトップシークレットなので詳細が公表されている訳ではありませんが、上記項目をベースにしていることは確かです。

お金を借りるのに必要となる条件

お金を借りるためには審査を通過する必要がありますが、以下の3つの条件全てに該当する人は借りることができません。
・無職で決まった収入がない
・現在、他の金融機関から借入があり且つ遅延している
・借入額が総量規制に達している
これらの条件を満たした人は、借入先がどこであっても100%に近い確率で審査は通過できません。
逆に言えば、収入があって、現在遅延がなく、総量規制に達していなければ、借りられる可能性が高まるので、お金を借りるのに必要な条件と言えますが、実際には借入先によっても少し条件が変わってきます。

中小消費者金融なら絶対に借りれるのか

中小消費者金融なら絶対に借りられるか?というと、絶対借りられるとは言い切れません。
なぜなら中小消費者金融にも審査の条件があるからです。
しかしブラックだけど借りられたという話を聞いたこともあるでしょう。
それは審査が重要視しているのが「現在の収入状況」だからで、ブラックかどうかは見ていないからです。中小消費者金融は利益を出すために、回収できる相手には少しでも貸し付けを行うために、現在の収入をもとに審査を行っているのです。
ブラックでも借りられるなら、誰でも絶対に借りられると考えるのは間違いです。

中小消費者金融の場合は、審査が甘くなることもある

中小消費者金融の場合、銀行や大手消費者金融に比べると審査基準は甘いと言われています。
主な審査基準は以下の通りです。
・安定した収入がある(アルバイトやパートも可)
・現在借入している他社で遅延がない
この2つは必須となり、それ以外は「他社借入が4社まで」といった条件がありますが、総合的に見ても中小消費者金融は審査基準が甘くなる傾向にあります。
つまり、少しでも回収する可能性のある相手には「貸したい」と考えているのです。

絶対に借りられるカードローンは存在しない

「絶対に借りられる」というカードローンは日本には存在しません。
カードローンだけでなくキャッシングでも同じですが、お金を借りるのに絶対と言えるケースはないのです。
ブラックでなくても審査に通らないケースが山のようにありますし、A社でダメでもB社では借りれたというのも日常茶飯事です。
逆にどこに駆け込んでも借りられないケースもあるのです。

ブラックの人は審査が厳しくなる傾向あり

信用状態に傷がついているブラックな人は、殆んどの金融機関で審査が最も厳しくなります。
基本的にブラックな人は絶対に融資を受ける事は出来ません。
何故なら「ブラック=返済能力がない」とみなされるからで、仮にブラックなのに借りられたという場合はブラックが解消されたケースだと思われます。
もし本当にブラックで借りれたとすれば、それは違法な会社からの借入と考えていいでしょう。

絶対に借りれるか心配な場合は

もしかするとブラックかもしれない、借りられるか心配だという人は金融機関が提供している「簡易審査」を行ってみましょう。
銀行や大手消費者金融は「簡易審査」ができるサイトを立ち上げている事が多く、一定の条件を入力することで審査に通るかどうかの簡単な審査ができます。
ほんの数分で結果が分かりますが、あくまでも簡易検査であって本審査を通過できる保証はありません。
気休め程度に考えて一度やってみてはどうでしょうか。

絶対借りれるということはあり得ないので注意する

お金を借りる際、どこで借りようか?と考えるものです。
できれば簡単に素早く借りられることに越したことはありません。
街中の広告で「絶対に借りられる」「簡単審査で即日融資」などのキャッチフレーズを見たことはありませんか?
このような広告は実は「違法」です。
誰もが借りられるような印象を与えることは、法律で禁止されているからです。
甘い言葉で誘うような広告は要注意です、甘い言葉に釣られないようにしましょう。

銀行系は審査が厳しい傾向も

銀行系の審査は、消費者金融に比べると厳しい傾向にあります。
2018年までは銀行系カードローンは総量規制の対象から外れていたり、即日融資が可能となっていました。
これにより過剰融資が表面化したため、2018年1月から銀行系カードローンの規制強化が行われました。
銀行の審査基準は、銀行そのもの、保証会社、個人信用情報機関への照会、在籍確認だけでなく警察庁へのデータベース照会が必要になったことで、即日融資が不可能となりました。
中でも厳しい審査を行っているのが、保証会社で銀行以上に厳しいものとなっています。
同一銀行系列で遅延があったり、保証会社系列で遅延があれば審査通過は難しくなるでしょう。

ブラックでなかったら銀行か大手消費者金融もおすすめ

自分はブラックではないという自信があるなら、銀行または大手消費者金融がねらい目です。
特に大手消費者金融は過去よりも現在の収入状況が審査の重点となり、パートやアルバイトでも一定の収入が見込める場合は審査通過しやすくなります。
また、現在、過去ともに遅延したことがなければより借入しやすくなります。
年齢についても審査がありますが、これは20歳以上の成人であれば特に問題ではありません。

他にもある?絶対にお金を借りる方法

どうしても「今、お金が必要!」と言う場合には、次の方法を試してみましょう。
絶対にお金が借りられる!という保証はありませんが、試す価値は十分あります。
・加入している生命保険会社からお金を借りる
 加入している生命保険によっては加入者に貸付制度を用意していることがあります。
 ある大手生命保険会社では5万円以上1000円単位の融資が行われています。
 金利は平均2~4%(実質年率)で、借りられる金額は解約返戻金額の70~90%です。
 保険の解約返戻金を担保にするということですから、借り入れのハードルが低く
 審査も比較的スピーディーに行われる傾向があります。
 詳しくは、加入されている生命保険会社の規約やサービスを確認してみて下さい。
・年金を担保にお金を借りる
 年金を受給している方の場合は、年金を担保にお金を借りることができます。
 独立行政法人福祉医療機構と株式会社日本政策金融公庫では年金を元に融資が受けられます。
 福祉医療機構では最高200万円まで、年率1.9%で、受給している年金の0.8倍を目安にお金が借りられます。
 各ホームページで詳細を確認してみて下さい。
・不動産を担保にお金を借りる
 不動産を所持しているなら、その物件を担保としてお金を借りることができます。
 借りられる金額は、その物件の価値によって変わりますが
 いずれにせよ高額な財産が担保となるため、まとまった金額を借りることが可能です。
 ただし、不動産の価値を判定しなければ融資が受けられないため、審査が下りるまでに時間がかかります。

おまとめローンや債務整理で借金を減らすことも検討

お金が必要な理由が、複数の会社から借りたお金を返すためであるならば
おまとめローンや債務整理で借金を減らすことを検討しましょう。
お金を借りるために、他の金融会社からお金を借りるということを繰り返していれば
いつかどこからもお金は借りられない超ブラックな状況となり、待っているのは自己破産です。
経済的に完全に破綻してしまう前に、借金問題を解決しなければいけません。
借金を返すために借金をするよりも、借金自体を減らして
確実に返済できるように努力するほうが健全です。
例えば、低金利で借りられるおまとめローンに乗り換えれば
返済する会社も1つ、返済日も月に1回とすっきり延滞の心配もなくなります。
落ち着いた気持ちで借金を返済していくことが可能となります。

債務整理することで月々の支払が楽に

債務整理には任意整理、個人再生など様々な種類があります。
借金の金額、年数、借入先、あなたの年齢や収入状況などによって適した手続きは異なります。
しかし、共通して言えるのは債務整理をすれば
現在の借金地獄から解放され、月々の支払いがずっと楽になるということです。
借金問題で悩まなくて済むようになれば、毎月の返済から解放され
精神的な負担も大幅に減らすことができるでしょう。
借金問題に悩んでいるなら、『絶対に借りられる』と謳う、危ない闇金に手を出したり
どこからお金を調達するか、どうやってお金を調達するかを考えるよりも
債務問題に強い弁護士に依頼をして、借金自体を減らすことができないか相談してみて下さい。

おまとめローンや債務整理で借金を減らすことも検討

債務整理することで月々の支払が楽に

タイトルとURLをコピーしました