失業中お金に困って今すぐお金必要!!資金調達裏技

失業中お金に困って今すぐお金必要

失業中の人がお金に困って今すぐお金が必要になったら…

失業中でお金に困ってしまったら…すぐに取り入れたい【解決策】についてご紹介します。

まずは職に就くこと

職に就くことが一番の解決策であることは明らかです。カードローンなどで借りることはできますが、それでもいつかは返さなければなりません。ということは結局仕事には就くことになるのです。それならば、はじめから仕事を探して、仕事に就くことが一番の解決策になります。お金が無いなら、お金を得ることができる手段を取るというのが一番です。

自治体の公的融資制度を利用

公的融資制度を利用すれば、自治体からお金を借りることができます。お金を借りるというイメージでは、カードローンやキャッシングなどが思い浮かぶ方も多いと思いますが、自治体からも借りることができるのです。しかも、無利息から1.5%程度という超低金利で借りることができます。そして、カードローンなどが諸事情により借りられない人でも借りることができるのです。ただし、お金を借りるには書類の提出をして審査されるため、ある程度の時間が必要になります。

生命保険を利用した融資を受ける

実は、生命保険契約者貸付制度を使うと生命保険からお金を借りることができるのです。貯蓄性の高い生命保険では、お金を借りることができるのをご存知ですか?カードローンやキャッシングなどに比べて、低金利で借りることができるのです。ただしこの制度を利用できるのは、解約返戻金のある保険に限られます。終身保険、養老保険、学資保険、個人年金保険などになります。ただし、返済が滞ると、生命保険の保険が実際よりも悪い条件になる場合があるので注意が必要です。

家族などからお金を借りる

カードローンやキャッシングなどで審査に使われる信用情報に関係なく、お金を借りることができるのが家族です。家族ならば、ピンチな状態を分かってくれて、お金を貸してくれるかもしれません。しかし、いくら家族だからといって、返済を滞ったりすると、お互いの信頼関係が悪くなってしまうということは覚えておく必要があります。親しい中だからこそ、しっかりと返済をしていく必要があります。そのためにも家族であっても、しっかりと借用書を作るのがいいでしょう。

失業中でお金に困って今すぐお金必要な場合はアルバイトも検討

失業中は「収入がないこと」「在籍確認が取れないこと」を理由に消費者金融では融資を断られてしまうことがあります。
そんな時は以下に紹介する方法を使って乗り切ることができます。

まずは1日アルバイトをするだけでもお金を借りられることがある

まずは、どんなところでもいいのでアルバイトを始めましょう。日雇いでもいいので、アルバイトをすることで在籍確認を取ることができるようになります。そうするとカードローンなどの審査に通りやすくなるのです。短期のアルバイトや飲食店など何でも合ったところではじめましょう。

アルバイトをしながらキャッシング会社に申し込む

アルバイトをしながら次にキャッシング会社に申し込みます。キャッシング会社に申し込むとまずすぐに在籍確認があります。ここで、自分の働いているアルバイト先に在籍確認の電話があります。「〇〇さんいらっしゃいますか?」とかかってきます。ここであなたが電話に出ても、出られなくても在籍確認さえできれば問題ありません。おすすめとしては、小さ目の会社のアルバイトをすることです。なぜならば、すぐに自分の名前を憶えてもらえるので、働いてすぐに在籍確認取りやすいからです。

失業者でも借りられる6つのケース

失業者は審査が厳しいことが多いです。しかし失業者でも借りられるケースはあります。
ひとつひとつご紹介していきます。
⇒参考url:https://hikakujoho.com/cardloan/no-money/hurry/#h2-2

配偶者貸付制度を利用する

配偶者に安定した収入があり、なおかつ配偶者の同意が得られる場合であれば、総量規制の例外貸付である配偶者貸付を利用することができるのです。つまり、主婦で収入の無いような人でも、この総量規制の例外貸付である配偶者貸付により、お金を借りることができるのです。そのような、消費者金融や信販系のカードローンを利用することができます。また、そもそも銀行カードローンであれば、総量規制が関係ないので借りることができます。地方銀行のカードローンであれば、配偶者に貸すことができるものがあるので、そちらも検討してみるのもいいでしょう。

有担保ローンで申し込む

失業者でも借りれらる方法として、有担保ローンに申し込むという方法があります。不動産や自動車などの借りる額以上の価値のあるものを保有している人は、それらを担保に借りることができるのです。担保に関する審査だけでなく個人の審査もされますが、担保無しのローンに比べると審査は緩くなります。個人の審査は緩いですが、担保に関する審査は、しっかりと価値のあるものかどうかが審査されます。また現在住んでいる不動産を担保にして、死後に売却した額から返済をするというリバースモーゲージという方法もあります。
ということで、年金収入しかない人や、年金収入もほとんどないような人にも利用することができるローンになります。

家賃収入がある

家賃収入がある場合には、無職であってもローンを利用することができます。無職であっても、家賃収入があれば無収入でないので借りることができるのです。その他にも、株を持っていて配当金収入がある場合には、同じようにローンを利用することができます。ただし、カードローンによっては、条件として、勤務期間が1年以上という条件のあるローンがあります。そのようなローンは除いて、貸付条件に勤続年数が無いローンを選ぶ必要があります。

年金収入がある

無職であっても年金収入が十分にあれば、借りることができるローンがあります。満65歳以上の人が借りることができるカードローンであれば、大抵年金収入があれば、無職であっても借りることができるので、探してみるといいでしょう。ただし、借りる額が大きい場合には、収入証明書が必要になるので、確定申告書や年金受給額証明書を準備しておく必要があるでしょう。また多くのカードローンでは、65歳未満という条件になっているものが多いので、年齢の条件を見る必要があります。

すでに就職が内定している

一部の地銀や信用金庫、労働金庫(ろうきん)では、すでに就職に内定していることが決まっていれば、ローンを利用することができるところがあります。もちろん、客観的に内定していることが分かる内定通知書の提出が必要になります。そのため、内定をもらって、就職するまでの数か月の間しか利用することができませんが、それでも仕事をする前に、ローンを利用することができます。ただし、ローンを利用するということは返済も同時に始まるので、何かしらの収入が仕事が始まる前に必要になるでしょう。

その他の収入がある

一部の地銀や信用金庫、労働金庫(ろうきん)では、すでに就職に内定していることが決まっていれば、ローンを利用することができるところがあります。もちろん、客観的に内定していることが分かる内定通知書の提出が必要になります。そのため、内定をもらって、就職するまでの数か月の間しか利用することができませんが、それでも仕事をする前に、ローンを利用することができます。ただし、ローンを利用するということは返済も同時に始まるので、何かしらの収入が仕事が始まる前に必要になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました