【高額借入】100万円、200万円貸してくれる人は?誰か50万貸して

200万借りたいブラックでも借りれる

今回は『急な支払が続き生活が厳しい…100万円~200万円借りたい。誰か50万円貸してくれないだろうか…』
という方にお金を借りる方法とおすすめの解決策について解説していきます。

困った…先月カードを使い過ぎて今月の支払いが…しかも生命保険の引き落としもある。どこかにお金は…誰か貸してくれないだろうか…。
このようなことを経験したことはないでしょうか。
ここでは50万円以上の資金が必要となった場合にどこから貸してもらえるのか、その借り方やそれぞれ違っている点、そして注意点について書いています。

一般的に100万円200万円と言った高額収入は、定期的な収入が多くないとかなりの確率で否決されてしまいます。
しかし、資金調達のプロであるお金の相談サイトに相談をすれば、100万円以上の資金調達が可能な場合もあります。
どうしても近日中に100万円以上のお金が必要…という方はお金の相談サイトに相談してみてください。

50万から200万という金額は簡単に借りれるの?高額融資の条件とは

50万から200万という金額は誰でも借りることができるのでしょうか。
まず結論から言えば、50万円~200万円というお金を借りたいと思った場合は、

  • 安定した収入は必須
  • 消費者金融で借りる場合は年収は600万円必要

ということになります。

50万、100万、200万借りたい場合は安定した収入が必須

もし家族に相談できないような大きなお金を借り入れする必要がある場合は、手段としては銀行などの金融機関と消費者金融に申し込みをする方法が一般的とされています。

新規に融資を受ける際には毎月しっかりと返済されることを前提に融資を受けることになるため返済能力があるのかを審査されます。
審査基準については、具体的には職業・年齢・年収などをチェックされているといわれています。
そのため、無職や失業中の方は安定した収入がないという理由により返済能力に乏しいと判断されて、審査に通るのは非常に難しいといわれています。

また、個人事業主が事業の資金調達を目的とした申し込みをする場合でも上記と同じく安定した収入がないと残念ながら貸付けを断られる場合があります。
仕事があり働いている状態ならある程度の返済能力があると考えられ審査に通りやすくなるということです。
ただ審査は厳しくチェックされるため申込みや電話で連絡を受けた際に誤った情報を伝えてしまうと虚偽申請と思われてしまい、審査が通らないことがあるため注意が必要です。

200万借りたい場合は年収600万は最低必要

では200万円をを借りる方法について書いていきます。
消費者金融から200万円を借りたい場合、年収がどれだけ必要かを検討します。
結論から言うと、消費者金融から200万借りたいという場合、フリーローンで借りる場合は年収は600万円必要です。

これは、総量規制という貸金業法上のルールに起因するもので、一般消費者向けのフリーローンの場合、ほぼ必ず総量規制の対象になります。
総量規制の決まりを考慮して「200万借りたい」と考えた場合、年収は600万円必要になります。

また、借りようとする消費者金融の融資審査に通る必要があり、厳しさとしては、銀行>大手消費者金融>中小消費者金融という順番で審査は厳しくなります。

総量規制についても念のため覚えておきましょう
消費者金融から融資を受けようとする場合には、総量規制を考慮して判断する必要があります。
総量規制とは、消費者金融など貸金業者から貸付を受けようとする場合には「1社で50万円、又は他社と合わせて100万円を超える貸付けを行う場合には、原則として年収の3分の1まで」という制限のことをいいます。
そのため、50万円なら年収が150万円以上、100万円なら年収が200万円以上、200万円を借りたい場合には自分の年収が600万円以上は必要ということになります。
ただし、複数の貸金業者から借入している場合はそのすべての貸金業者から借入している合計が年収の3分の1以内であることが必要です。
また、年収の3分の1であれば必ず融資を受けられる訳ではないことに注意が必要です。

審査に通るかどうかも重要
融資審査とはその名のとおりで「お金を必要としている者が融資対象として問題がないか審査すること」です。
審査内容は主に職業・年齢・年収や資金使途(貸したお金の使い道)が該当し、計画的な返済能力があるかをチェックされます。
その審査の結果次第では希望していた額よりも低い限度での貸付けとなることがあります。
例えば希望額は200万円ですが年収が500万円以下だった場合には総量規制に該当してしまい、審査の結果、限度額が150万円となるパターンがあります。

各社の審査内容と結果にはバラツキがありますが、場合によっては希望額より限度額が低く設定され審査を通るパターンではなく融資自体を断る会社もあるため注意が必要です。
仮に保証人を用意しても、この3分の1の規制を超えて借入することはできないことにも注意が必要です。

総量規制対象外の融資であれば、200万は割と借りられることもある

消費者金融から融資を受けようとする際には、総量規制を考慮して判断する必要があります。
総量規制とは、消費者金融など貸金業者から貸付を受けようとする場合には「1社で50万円、又は他社と合わせて100万円を超える貸付けを行う場合には、原則として年収の3分の1まで」という制限のことをいいます。
しかしこれには、いくつかの適用の除外や例外が認められています。
具体的に4点紹介します。

総量規制の対象外となる借入は下記の通り

  1. 不動産購入のための貸付け
  2. 車を購入するためのローン
  3. 高額医療費の貸付け
  4. 段階的な返済のための借り換え

です。ひとつひとつ見ていきましょう。

1点目はは不動産購入のための貸付け(いわゆる住宅ローンやリフォームローン)です。こちらの場合は、銀行の融資基準に合わないとか審査期間が長いため消費者金融から融資を受ける場合が考えられます。
その場合、不動産は高額になることが多く、審査の上で年収の3分の1を超えても返済が可能と判断されれば適用を除外して、融資可能とすることができます。

2点目は、車を購入するためのローンです。こちらについても適用除外となっています。
自動車を買う場合についても、総量規制の上限とされている年収の3分の1を超えても返済可能と判断されれば適用を除外して、融資可能とすることができます。

3点目は、高額医療費の貸付けです。こちらについても適用除外となっています。
顧客やその親族などに緊急に必要と認められる医療費を支払うための資金貸付けとして適用を除外して、融資可能とすることができます。

4点目は、「段階的な返済のための借り換え」です。こちらは適用例外となっています。
総量規制に抵触している借り手が、月々の返済負担が少ない一本の借入れに借り換えることによる段階的な借入残高を減らす場合に適用を例外とされます。
上記の文章だと少々わかりにくいかもしれませんが、銀行や消費者金融で取り扱っている「おまとめローン」という商品が該当します。

ただし、総量規制の対象となっている消費者金融でまとめローンの申請を行う場合は各社が独自に限度額の設定をしている可能性があるため、想定より低い額で審査が通ることもあり、注意が必要です。
逆に銀行の場合は総量規制の対象ではないため、審査さえ通れば限度額は高めに設定されていることが多いようです。

個人融資掲示板で200万貸してくれる人を探すのは危険?

消費者金融とは関係のないところでお金を借りたいという場合、気になるのは個人間融資掲示板です。
個人融資掲示板とはどういったものなのでしょうか。
個人間融資掲示板とは、インターネット上の掲示板やツイッターを通じて貸したい側と借りたい側をマッチングさせるものです。
個人間融資掲示板では、「借主」と「貸主」がそれぞれ書き込みをして相手を探し、個人的にお金の融資などを行っています。
個人間融資掲示板の特徴としては、銀行や消費者金融等とは違い面倒な申込み手続きや審査と言った流れがなく、個人間でインターネット上でやり取りし、条件が合えばお金を借りる事ができます。

「誰か50万貸して」と思っても個人間融資掲示板などは危険

ただ、個人間融資掲示板はトラブルも多く、注意が必要です。
実際にあったケースとして掲示板で貸してもらう話であったのに個人情報だけとられてお金を貸してもらえない事例やお金を貸すのでまずは手数料を振り込んでほしいと言われ振り込んでも貸してもらえない事例があります。
銀行や消費者金融ではなく個人のやり取りになるため、インターネットを使って相手を調べることができないことがそういった問題が起こってしまう原因の一つです。

個人間融資掲示板には闇金が紛れていることも…
また、個人を装った闇金業者が掲示板に書き込みをしている事例があります。
そのため、知らないうちに闇金から借入をしてしまい高額な利息を請求されたり、電話や直接住居や職場に繰り返し訪れて高圧的・脅迫的な取り立てをされる事例も少なくありません。
借りる際にこちらの個人情報を伝える必要があり、インターネット上は匿名であるので相手側の素性がわからないため安全である保証がなく、トラブルや犯罪被害に巻き込まれる危険性があり注意が必要です。

個人融資掲示板で100万円貸しますは詐欺であることも多い

個人間融資掲示板とは、インターネット上の掲示板やツイッターを通じて貸したい側と借りたい側をマッチングさせるものです。
基本的にインターネット上の行為となり相手は匿名であることから、犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性があります。

個人間融資掲示板で聞こえてくる具体的な詐欺の手口は下記の通り。

  • 先に信用のために利息分を送ってほしいと言われ、送ったのに音信普通になるというケース
  • 貸すためにはサイトに登録をしてほしいと言われ、登録するも音信不通になるケース
  • 本人確認のために免許証を提示してほしいと言われるも、提示後に音信不通になるケース

などがあります。

どれも「振込後」「登録後」「提示後」と先にこちらから何かしらのアクションを起こさせることが特徴です。
身分証などはその場では実害はなくてもその後何らかの悪用に使われてしまうケースも考えられ、注意が必要です。

このように、個人融資掲示板はとてもリスクが高いということがわかります。
もちろん掲示板に掲載している貸したい人すべてが詐欺目的とは言えませんが、このような事案があることを知識として前もって持っておくことは大事です。
個人融資掲示板は手軽そうなイメージはありますが、しかしトラブルも多くおすすめできません。
個人間融資を頼る前にはやはり、銀行などの金融機関や消費者金融で審査を受けるべきです。
個人間融資掲示板の手軽さは魅力的に感じられるかもしれませんが、犯罪被害やトラブルに巻き込まれるかもしれないリスクがある以上、個人融資掲示板を使用するのは得策ではありません。

50万、100万、200万借りたい場合、銀行か消費者金融ならどっちが良い?

借り入れするなら銀行と消費者金融どちらを選ぶのが良いのでしょうか。

銀行カードローンは審査基準は厳しいが金利は低い

一般的に、銀行カードローンは消費者金融と比較すると審査基準が厳しいと言われています。
審査基準は非公開ですが、大きく以下の点が審査されていると言われています。
それは、「信用情報」「他社からの借入」「本人の属性」です。どの基準を重視するかの細かな審査内容は各社によって異なりますが、支払能力の有無を見ているといえます。
「信用情報」とはクレジットカードやローン等の申し込みや契約に関する情報です。申込み内容や契約内容、現在の支払状況とその残高などが情報として登録されています。
「他社からの借入」とは申込みをした銀行以外で現在借入れをしている場合にその借入れ額を指します。
「本人の属性」とは申込者本人の個人情報を指します。主に業種や年収、勤務先、保険証の有無、居住年数などが該当します。
この「本人の属性」は申込みの際に記入する可能性が高いので覚えておいた方が書類の記入がスムーズになります。
これらの情報をもとに審査を行っていると言われており、特に支払能力が無いと審査が通りません。
例えば以前消費者金融から大きな額の借金をしてしまい、長期に渡り滞納したことがある場合には「信用情報」にその情報が登録されている可能性があり、審査に通らない場合があります。
ただ、審査は厳しいですが、その審査を通過すればメリットは大きいです。
具体的には、「融資資金の使途については問われない」「追加融資の際に審査が不要になる」というものです。
有担保型のフリーローンなど銀行の他のローン商品と比較すると金利は高くなっていますが、消費者金融と比較するとやや低く設定されているため、お得です。
高額の融資を受ける場合は、支払い金利は重要な問題になります。
そのため低金利で契約できることは大きなポイントになります。
また、銀行では契約の前または契約時に直接銀行へ行くことになりますが、その際口頭で事前に説明を受けられます。
借り方や返済の仕方、他の商品やサービスとの違いなど不明点については丁寧に教えてもらえるため、安心して契約ができます。

消費者金融は審査は緩くてすぐに借りれるが、金利が高い

消費者金融は、銀行カードローンと比較すると審査基準が緩いと言われています。
審査基準は、非公開ですが大きく以下の点が審査されていると言われています。
それは、「信用情報」「他社からの借入」「本人の属性」「総量規制の範囲内」であることです。銀行との差は「総量規制の範囲内」という点です。
「信用情報」とはクレジットカードやローン等の申し込みや契約に関する管理情報です。申込み内容や契約内容、現在の支払状況とその残高などが情報として登録されています。
「他社からの借入」とは申込みをした銀行以外で現在借入れをしている場合にその借入れ額を指します。
「本人の属性」とは申込者本人の個人情報を指します。主に業種や年収、勤務先、保険証の有無、居住年数などが該当します。
「総量規制の範囲内」とは「1社で50万円、又は他社と合わせて100万円を超える貸付けを行う場合には、原則として年収の3分の1まで」という制度のことをいいます。
どの基準を重視するかの細かな内容は各社によって異なります。支払能力の有無を見ているといえます。
消費者金融は、申込みから審査まで時間がかからない特徴があり、即日融資が可能な点が銀行ローンにはないメリットになります。
しかし、金利が銀行ローンと比較してやや高く設定されているので高額融資を受ける際には慎重な検討が必要です。
ただ、初回のキャッシングなら30日間は無利息としている消費者金融もあるので期間内に全額返済することができれば余計な手数料がかかりません。
消費者金融を利用する場合は、一部の大手以外では提携ATMを利用できませんので注意が必要です。
提携ATMがない場合、返済方法が振込か消費者金融で所有しているATMになります。
特に消費者金融所有のATMは基本的に金融会社の店舗内にのみ設置されているため、返済の度に足を運ぶ必要があります。
また、債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)を行っている状況ではいくら申し込んでも基本的に審査を通ることはできないのでこちらも注意が必要です。
以前他社から借入れをしていたが既に完済した状態なら完済した実績があるため、会社によっては契約の審査も通りやすいです。

タイトルとURLをコピーしました