長期延滞中でも借りれたという口コミがある金融会社は?

長期延滞中でもお金を借りたい…長期延滞中でも借りれたという口コミがあるところはあるの?
そんな方のために長期延滞中でも借りれる消費者金融について、独自に調査をしてみました!

結論から言いますと、大手消費者金融、中小消費者金融とも長期延滞中でも借りれたという口コミは存在していませんでした。
長期延滞中でもどうしても借りたいという場合は、お金のプロであるお金の相談所に相談するようにしてみてください。幅広いネットワークの中から、厳しい状況でも前向きに検討してくれる業者を紹介してもらえます。

延滞中でも借りれたという口コミがある会社

結論から言うと、他社延滞中の場合は、ほとんどの消費者金融はお金を貸してはくれなくなります。
これはホームページ上でも明記されていることが多く「他社延滞中の場合は、審査の対象になりません」としている消費者金融も多いです。
しかし全額返済した後であれば借りられる可能性はあります。
アロー、ユニーファイナンス、フクホー、セントラル、あたりは過去に金融事故があったという方でも柔軟に相談に乗ってくれる消費者金融として有名です。

アロー

WEBで全国受付している消費者金融のアローは「個人再生歴があるので心配していましたが借入ができて本当に助かりました」という口コミがいくつかあります。長期延滞中でも借入できる可能性があるかもしれません。

ユニーファイナンス

プロミスのATMで利用できるユニーファイナンスは独自の審査基準で、大手ではダメだったけれどココでは審査に通った! という声もあります。なので長期延滞中の人も借入できる可能性は0ではないかもしれません。

フクホー

丁寧な対応で安心感のあるフクホー。他社の審査で落ちてしまった人達が申し込みに来ることが多いのが特徴です。丁寧で柔軟に対応している消費者金融なので場合によっては長期延滞中でも借入ができるかもしれません。

セントラル

良い口コミが多いセントラル。20社落ちたブラック状態で、他に借入がある人も審査が通ったケースがあります。なので長期延滞中でどこも借入ができず困っている…と場合でも借入できる可能性が高いかもしれません。

まず「延滞」にも実は種類が…借りれる延滞と借りれない延滞

実はひと口に延滞といっても3種類ほどあり、延滞の度合いによって借りやすさが大きく異なってきます。
延滞の状態は3つに分けることができます。

  1. 数日~60日未満の延滞
  2. 90日以上~5年程度の長期延滞
  3. 5年以上の長期延滞

このうち、もっとも借りづらい状況は「90日以上~5年程度の長期延滞」になります。

数日~60日未満の延滞

一言で延滞といっても種類があります。
例えば、数日~60日までの延滞であれば、確かに支払いが遅れていることにはなりますが長期延滞扱いがされないことがほとんどです。この段階では、信用情報に延滞の情報は記載されません。
けれど60日を過ぎて、更にそれ以上の期間延滞をしている、という場合には信用情報に記載されてしまっていると考えておいた方がいいでしょう。
なので、まだ延滞して数週間だったり、60日までいってないという人であれば延滞中だとしても、他社で借入ができる可能性があります。
まずは自分が今どのくらい延滞をしているのか? を把握しましょう。返済日から今日まで何日目なのか? をしっかり知ることが大切です。

90日以上~5年程度の長期延滞

90日が過ぎて5年以上経過すると長期延滞になります。
この場合、個人情報に記載されています。ブラックリストに入るという言葉がありますが、正確には「異動」です。
ブラック状態になっている人の信用情報には「異動」と登録されることになります。この異動情報を元に、審査を行っているのが大手金融業者です。
大手であればあるほどこの情報を審査基準の対象にします。
なので長期延滞中だけど他社で借り入れをしたい、という人が大手消費者金融の審査を通過する可能性はほとんど無い、と思っておいた方が無難です。
地域密着型の消費者金融もあるので長期延滞中の場合、審査を申し込む消費者金融選びに大手は含まない方が効率的かもしれません。

5年以上の長期延滞

5年以上の長期延滞中の人でも借りられる可能性が考えられるケースもあります。
異動情報が消えるのは5年が目安にされているからです。5年経過して、信用情報の異動情報が消えていれば延滞中であることなどの自分の情報が1度リセットされることになります。
これまでの情報がリセットされていれば、他社から借入ができる可能性が出てきます。情報がリセットされていても延滞中の同じ消費者金融からの借入は難しいと思っておきましょう。
なんとなく5年くらいたっているからもう消去されてるだろう、と自己判断するよりも確実なのが今の信用情報を確認する情報開示を行うことです。窓口・郵送・インターネットから情報開示の申し込みはできます。

長期延滞中は大手消費者金融では借りられない?

長期延滞中の場合は、基本的には大手消費者金融で借りるのはほぼ絶望的になります。
なぜなら大手消費者金融の場合は個人信用情報よりスコアリングされほぼ自動的に審査の可否が決まってしまうからです。
長期延滞中の場合は、事情を考慮した上で審査を進めてくれる中小消費者金融に相談をするのがおすすめと言えます。

延滞中でも借りたいという場合は柔軟な審査の中小消費者金融がおすすめ

返済を延滞中でも借入がしたい人なら、大手消費者金融よりも柔軟な審査をしている中小消費者金融がおすすめです。
大手消費者金融は各社で決められている審査基準を徹底しています。借りたい人の事情に寄り添ってイレギュラーでお金を貸してくれるというケースは、ほとんどありません。
中小消費者金融は大手消費者金融と少し違います。確かに決められた審査基準はあるのですが、1人1人に合わせて柔軟な対応をしてくれることが多いのも特徴です。インターネットや郵送からの申し込みだと借りる人の年収などのデータ上だけの情報からだけで審査をすることになります。
けれど対面などで審査を行う中小消費者金融もあるので柔軟に対応できるのです。

ただしおまとめローンや借り換えローンなら大手でも借りれる場合も

決められた審査基準に沿って審査が行われる大手消費者金融。
けれど、おまとめローンや借り換えローンなどが用意されている場合であれば借入ができるかもしれません。
複数の借金をまとめたり、返済をしやすくする為のサービスです。なので「すでに他社で借金がある人向け」ともいえますよね。ただこれからおまとめローン・借り換えローンを利用して返済できるという見込みがある人であることが条件になります。
おまとめローンを使っても返済はできない、となれば、おまとめローンを利用してもらおうとは大手消費者金融も思いません。けれどすでに借金があって、返済を今よりスムーズにしたい、という人であれば検討してみてもいいかもしれません。

延滞中でも借りれた?本当のところは?

延滞中は借りられない確率のほうが高い

「延滞中でも借りられた」という口コミを見ると延滞中でも借りられるんだ! と思いますが、少し違います。
延滞中に借入ができれば借金が膨らんでしまうだけです。
確かに延滞した過去があるけどすでに返済していたり、借り入れをする為に返済をしてから申し込みをしたので新しく借入ができたのです。
延滞中でも、柔軟に対応してもらえる消費者金融ならいくらでも借入が可能、は間違えということを覚えておきましょう。
新しく借入がしたい人は今ある延滞中の返済を完済してから申し込みをした方が審査通過もスムーズに進んでいくはずです。

60日未満の延滞であれば借りれたとなる可能性は高い

60日未満の延滞であれば借入先を増やせるか増やせないか? の事情がまた変わってきます。
60日未満であれば信用情報に異動情報が記載されません。
なので大手消費者金融で審査が通ることもあります。延滞中だとしても他社で新しく借入ができる可能性が高くなるということです。
けれど、もしも可能であれば60日未満の延滞中の支払いを済ませてから新しく借入をした方が返済計画も上手にできるようになります。
けれどどうしても今は返済が難しい…という時期が誰にでもあるものです。60日という延滞日数の目安を覚えておきましょう。

長期延滞中は基本的に厳しい

延滞している日数を把握しておけば、延滞中でも借りられる希望が持てそうですが、残念ながら長期延滞中は基本的には難しい、と思っておきましょう。上記でも説明したように60日以上が経過していたり、5年以上経過している長期延滞の情報のほとんどは、異動情報として個人情報に記載されてしまいます。
延滞中でも借りられたという口コミも確かに存在しますが、全ての人が同じ様に借入ができるとは限りません。
年収や、この先の返済能力も人によって違うからです。
それに長期延滞中の情報をすぐにリセットすることは簡単ではありません。

 長期延滞中で借りたい場合は完済を目指す

 完済後であれば審査の緩い消費者金融なら貸してもらえる

延滞している人に対して大手消費者金融は厳しい目で判断します。
その為、延滞中の人は大手消費者金融ではブラック扱いされてしまう、と思っておく方がいいかもしれません。
60日未満の延滞日数であれば大手でも審査申し込みしてみるのもいいですが、長期延滞中の場合は申し込み手続きの手間だけがかかってしまいます。お金が必要な時はすぐに必要なものなのでこの時間を無駄にしてしまうことになります。
WEBで完結する中小消費者金融もあります。
大手消費者金融とは違い、独自の審査基準でお金が必要な人に柔軟な対応をしてくれる中小消費者金融なら貸してもらえるケースもあります。長期延滞中で借りたい時は中小消費者金融がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました