申し込みブラックでも審査通る・融資可能な消費者金融キャッシング

申し込みブラックでも審査が通る消費者金融はこちらです。
申し込みブラックでも融資可能なところ。貸してくれる優しい業者はこちら。
このエントリーでは申し込みブラックでも審査が通る業者についてと、
申し込みブラックになってしまった場合の解消方法、大手銀行に否決されてしまった場合でも借りれる貸金サービスについて案内していきます。
>>申し込みブラックでも審査通る業者

申し込みブラックってどういう状態?

申し込みブラックとは、短期間に複数の金融機関に申し込みを行うことで、審査に通りにくくなってしまう状態のことを言います。
一般的に申し込みブラックになってしまうと、キャッシングの審査は通りづらくなるといわれます。
基準は金融機関やカードローン商品によって様々ですが、一般的に1~3ヶ月に、3社以上申し込みを行うことを基準にしていることが多いです。
短期間に複数の申し込みをすることで、返済能力が無いのではないかと思われてしまいます。
金融機関も仕事としてお金を貸すことになるので、極端にお金に困っている人には貸したくないという気持ちを抱かせることになってしまうのです。

申し込みブラックでなくなるには?対処法

申し込みブラックでなくなるには半年から1年ほど待つ必要があります。
残念なことですが、申し込みブラックは今すぐ解除したいと思っても解除できるものではありません。
申し込みブラックの解除方法は1つしかなく、信用情報から申し込みの記録が消えるのを待つしかありません。
信用情報を記録する機関はKSC、JICC、CICの3つありますが、JISSとCICは6ヶ月、KSCは1年経たなければ申し込みブラックは解除されません。時間が経ち、自然とブラックを解除されることを待つしかないのです。
消費者金融は主にJICCに加盟しており、クレジットカードや信販会社などはCICに加盟しています。
KSCは銀行が一般的に加盟しています。

自分が申し込みブラックか確認したい場合は

自分が申し込みブラックかどうかを確認したい場合はKSC、JICC、CICへ信用情報開示請求を送ることで確認をすることができます。
確認方法は簡単でスマホからでも確認することができます。
あるいは申し込みについての情報は各期間6ヶ月、KSCは1年間になるので、過去6か月間に一度も申し込みをしていないという場合は申し込みブラックである可能性は低いといえます。

申し込みブラックでない場合は大手消費者金融にも申し込める

また最後の申し込みから既に6ヶ月以上が経過しており個人信用情報の記録も抹消されている場合はプロミスやアコム、SMBCモビット、アイフル、レイク alsa などの大手消費者金融でも融資を受けられる可能性が出てきます。

最後の申し込みからすぐに6か月以上経過しているという場合はすでに申し込みブラックで亡くなっている可能性も高いですので大手消費者金融の方が安心だという方は大手消費者金融に申し込みをしてみるのもアリといえます。

大手消費者金融のメリット
大手消費者金融のメリットとしては、「システム化されており審査が早い」という点です。
信用情報に特に問題がなければ最短30分で融資を受けることができます。
無人契約機を設置しているところが多いため、土日でも融資を受けられます。
全国のATMを利用することができるのでカードさえ持っていれば必要に応じてお金を借りたり、返済することができます。コンビニなどのATMが自由に使えるので返済も借入も便利です。

また30日間無利息を打ち出しているところも多く、30日以内の借入であればお得に融資を受けることができます。

大手消費者金融のデメリット
逆に大手消費者金融のデメリットとしては、審査がシステム化されてしまっているので、5年以内の過去に、1回でも金融事故などがあった場合は審査が厳しい状態になる点が挙げられます。
信用情報がシステムによりスコア化されてしまうので人柄というよりは「過去のあなた」で借入できるかどうかが決定してしまいます。

おすすめな大手消費者金融一覧

金融業者名 金利 審査スピード 利用限度額
プロミス 年4.5%~年17.8% 最短30分 500万円
アコム 年3.0%~年18.0% 最短1時間 800万円
レイクalsa 年4.5%~年18.0% 最短60分 500万円
smbcモビット 年3.0%~年18.0% 最短30分 800万円
アイフル 年3.0%~年18.0% 最短30分 800万円

そもそもブラックってどういう状態?

そもそもの話として自分は今実際にブラックかどうかわからないという人もいるかもしれません。ブラックとは簡単に言うと個人信用情報の中で「異動」が記載されている状態になります。具体的には「過去に返済をを61日以上あるいは3ヶ月以上滞納した」「5年以内に債務整理を行った」 「10年以内に自己破産を行った」という場合はこのことは個人信用情報に記載されるので結果ブラックとなっている可能性はあります。
また代理弁済を行った強制解約されたというのも記録に残るケースもあります。

逆に言えば上記にあてはまらなければブラックではない可能性もあります。
また多重債務者であっても一度も支払の延滞をしていない場合はブラックではない可能性もあります。

いずれにしてもブラックな状態(個人信用情報に「異動」が記載されている状態)は5年ないし10年で破棄されてものになるので過去に金融事故があったとしてもそれから5年あるいは10年以上経過している場合は既にブラックではなくなっている可能性があります。

どうしても気になる心配だという場合は CIC や JICC などの個人信用情報機関に連絡して問い合わせるようにしましょう。問い合わせはスマホから簡単に行えます。

申し込みブラックでも借りれる銀行はあるの?

残念なことに、申し込みブラックになった状態で借りることができる銀行はありません。
申し込みブラックになってしまうと大手銀行でも地方の銀行でも関係なく、お金を借りることが出来なくなってしまいます。
お金を貸すための審査において、銀行は信用情報機関から申し込み者の個人信用情報を取得します。
信用情報には様々な項目が登録されていますが、その内容には申し込み情報と契約情報が存在し、申込情報だけがあって契約情報が存在しなければ、他社に対する申し込みに審査おちしていると判断されてしまいます。
一見して関係ないような消費者金融と銀行でも、申し込み情報は共有されているのです。よって、短期間に何社も申し込みをしている状態で銀行からお金を借りようと思っても、事前の審査の段階で落とされてしまうのです。

楽天銀行、みずほ銀行、じぶん銀行、三井住友銀行などでもカードローンの取り扱いはあります。
ですが過去6ヶ月以内に何度も申し込みをすると申し込みブラックになってしまう可能性もあるので注意してください。

大手銀行で否決されても借りる方法

申し込みブラックになってしまい、大手銀行や大手消費者金融から断られるようになってしまうと「どうしたら借りれるのか…」と途方に暮れてしまいますよね。
しかし安心してください。申し込みブラックになっても借りる方法はあります。
それは「審査の緩い消費者金融に申し込みをすること」「お金の相談ができるところに相談をすること」が大切になります。
業者によっては、申し込みブラックの方であっても関係なく、相談に応じてくれるところもあります。

大手銀行(銀行系カードローン)の場合は信用情報機関はおよそ1年になります。
申し込みブラックになってしまったかもという場合でも一年間おけばその情報は消去され申し込みブラックではなくなりますのでこのことも覚えておくようにしましょう。

申し込みブラックでも審査通る消費者金融【申し込みブラックでも融資可能?】

既に大手消費者金融何社か申し込みをしており、大手では申し込みブラックになってしまっている可能性が高い、けれどもすぐにでもお金が欲しい必要という場合は中小消費者金融会申し込みをしてみることを検討してください。

申し込みブラックでも借りれる消費者金融は下記の通りです。

  • スカイオフィス
  • キャッシングエニー
  • アロー
  • フクホー
  • セントラル
  • フタバ
  • エイワ
  • ライフティ

1社1社、それぞれの貸付条件などを簡単に解説していきます。

スカイオフィス

1万円~50万円までの融資に対応。全国への融資に対応をしており来店不要です。インターネット完結の業者を探している場合におすすめ。ただし在籍確認はあります。
満20歳以上で定期的な収入があれば前向きに審査をしてもらえます。担保、保証人は必要ありません。返済期間は最長5年です。

キャッシングエニー

「10万円までなら借りれた」という口コミ評判が多い貸金業者です。ネットでの知名度は高め。審査は緩いので申し込みブラックでもチャンスはあります。

アロー

アローもかなり審査は柔軟だと評判の消費者金融です。「ブラックでも借りれた」という評判も多くブラック属性のある方でも申し込みできます。
申込フォームを見ると過去に金融事故を起こしてしまった理由を書く欄もあり、ブラックの人が申し込みをすることが前提であることがうかがえます。
事故を起こしてしまったことを反省し、これからも頑張っていくという意思が伝われば過去に金融事故を起こしていたとしても審査に通る可能性が高くなります。

フクホー

フクホーは大阪難波にある消費者金融です。フクホーもブラックの方でも融資してもらえると評判です。
難波にある消費者金融になりますが、コンビニ契約を利用すれば、契約書はコンビニのコピー機で印刷ができます。(コンビニのコピー機で印刷して郵送)
レディースローンもあり女性の方も安心して申込ができます。
注意点としては、事業者(個人事業主)や会社役員などは審査の対象になりません。

セントラル

ブラックでも融資してもらえると評判の貸金業者です。カードを発行した場合はセブンの銀行が使えるため非常に利便性が良いです。金利は4.8%~18.0%、借入限度額は1万円~300万円。ATMが使えますが、東京近郊であれば店舗もあるので安心感もあります。

フタバ

フタバは中小消費者金融の中でもかなり有名どころと言えます。
最近では初回利用に限り30日間無利息サービスもスタートしました。
大手消費者金融で否決されてしまったけど、大手消費者金融のように30日間無利息で借りたいという場合はフタバを利用しましょう。
ただし、ATMやスマホアプリには対応していないため、利便性などは期待できません。

エイワ

エイワは来店必須ではあるものの、来店すれば借りられると評判です。
ブラック属性が強い方は5万円前後の少額融資となることが多いようですが、審査の柔軟さには定評があります。
審査のスピードは来店後約1時間ほど、エイワの有名な話としては、来店をすると「説教」されると評判です。
しかしこの「お説教」ですが、人間味を感じられてうれしいと感じる人も一定数いるようです。

ライフティ

ライフティは、ザ、中堅消費者金融というようなイメージの消費者金融です。
電話対応は丁寧だと定評があり、こちらもセントラルと同じでセブン銀行ATMの利用ができます。

ただし、申込から融資までは時間がかかったという口コミも多くみられ、借入までに1週間以上時間が必要だったという声も目立ちます。

丁寧な対応はありがたいのですが、融資実行までは時間がかかることもあるということは覚えておいて損はないはずです。

中小消費者金融のメリット

中小消費者金融を利用する最大のメリットとしては、借りに過去に金融事故を起こしていたとしても、それだけで否決とはせずに「現在のあなたの収入」を見て融資をするかどうか決定してくれるという点にあります。
大手消費者金融よりは「現在のあなた自身」を元に審査を進めてくれるところがあり、審査は柔軟であると言えます。

中小消費者金融は収入証明書なしでも借りられる?

ブラックでも融資してくれる消費者金融の場合は、現在のあなたの収入をしっかり見極めた上で融資をしたいと考えるところが多いので、収入証明書を求めてくることが多くはなります。
しかし、中には収入証明書なしでも貸してくれるところはあります。
たとえば「スカイオフィス」は他社で借入をしていない場合に限り、50万円までは収入証明書は無しでも融資は可能です。

申し込みブラックでも審査に通るコツ

申し込みブラックでも審査に通すコツについてご紹介していきます。

 1社ずつ申し込みをする(一度に複数申し込みすぎない

申し込みブラックにならないコツとしては、何といっても一度に複数の会社に申し込み過ぎないことに尽きます。
一度申し込みブラックになってしまうと、6ヶ月は空けないといけないので、すぐに融資を受けるのは難しい状態になります。
そうならないためにも1社ずつ審査を受けて、ちゃんと結果が出てから次の会社にお願いすることが大切です。
お金を借りることに急いでいると、どうしても保険として複数の会社に申し込みたくなります。それが逆効果になってしまうこともあります。
複数申し込んだことで落ちていた審査が、1社ずつ申し込むことで通る可能性も十分にあるのです。

どうしても複数業者に申し込みをしたい場合は、中小消費者金融にいきなり申し込みをするのではなく、まずはお金のプロに相談をしましょう。
お金のプロは、CICやJICCなどの信用情報とは関係なく、お金の相談に乗ってもらえます。

審査の甘い消費者金融をなるべく選ぶ

単純に収入が低い、他の消費者金融の利用が多いなどの不安を持っているのなら、初めから審査基準や難易度が甘い会社を選ぶのも1つの手段です。
初めに審査の難易度の高い会社を受けて、だんだんと難易度を落としながら審査を受けるような方法だと、申し込みブラックになってしまう可能性が高まってしまいます。
審査落ちという事実が積み重なるほどに審査に通る確率が下がってしまうからです。審査の難易度について情報収集を行うことも大切です。しっかりと下調べをして申し込みをすれば大丈夫なことも多いです。

申し込みブラックにならないためには、確実に審査の通る可能性が高い消費者金融に、一発で申し込みをすることが大切です。

アルバイト、学生、パート、専業主婦でも申し込みできるか?

大手消費者金融や銀行系カードローンの場合はやはり学生、パートアルバイトよりも社会人として安定的な収入が正社員などの方が審査に通りやすい傾向はあるようです。
しかし学生やパートアルバイトであっても審査を通過できる消費者金融はあります。

専業主婦の場合は収入がありませんので主には配偶者貸付制度を利用できる消費者金融に申し込みすることになります。

10万円以下で申し込みをする

申し込みブラックの状態では、借りることのできる金額は非常に少ないということを理解しておかなくてはなりません。
運よく審査に通ったとしても、融資金額よりも希望金額の方が高い場合、他の金融機関からの借り入れをしてしまうことで多重債務者になってしまう可能性もあります。
申し込み金額としては10万円以下がおすすめなのですが、その理由は法律的な問題にあって、10万円以下の貸し付け金額の利息は、利息制限法と出資法で上限金利が年20.0%となっています。
金融業者としても一番高い利息で取引きができるため、審査に通りやすくなるのです。

10万円以下での申し込みの場合は、金融業者としても融資しやすくなる可能性が高いです。

延滞中の場合は完済をする

他社での借り入れ延滞中での申し込みは、すべきではありません。というのも延滞中の人へ新たに融資をしてくれる会社はかなりまれだからです。
他社の返済をするために借り入れをするという理由はもっともらしく聞こえてしまいがちです。しかし現状の借り入れの返済もできない状態で、新たに借り入れを増やして返済をするということは現実的ではありません。
その後に、さらに新しく借り入れをすることになってしまうと、最初の借り入れを返済することが出来なくなってしまい、悪循環に陥ってしまうことも考えられます。
少しでも信用を得るためにも、延滞中の場合はしっかり完済してから申し込むことが重要です。

申し込みブラックでなくとも総量規制に引っかかっていると借りれない

申し込みブラックの他には総量規制に該当していないかも確認してみましょう。
総量規制とは貸金業法上の決まりで消費者に対して年収の3分の1以上を貸し付けしてはいけないというルールになります。ほとんどの消費者金融はこの総量規制に該当するローの商品になりますのですでに年収の3分の1以上借りてしまっているという場合は新たな借り入れを受けることが難しくなります。

例外としておまとめローン(借り換えローン)の場合は総量規制の対象外となり借りることができます。
しかしおまとめローンは借金をまとめることに特化したローン商品となっており新たな借り入れはできないことに注意してください。

他社からの借り入れを極力少なくする(4社以内)

他社からの借り入れは、極力少なくすべきです。具体的には4社以内にすることが望ましいです。一般的に、消費者金融で審査に通るギリギリの件数は、4件と言われているからです。

もしももう少しで完済可能な借り入れがあるのなら、それを完済し、少しでも借り入れた会社を少なくしてから申し込みをすることで審査に通る可能性が上がります。
複数の会社から借り入れをしているという事実によって返済能力を疑われてしまうので、極力借り入れ先を少なくすることがコツです。

申し込みブラックOKでも闇金には注意

申し込みブラックでも借りれる所で探していると闇金の情報が多く見つかります。闇金は金融庁の許可を得ておらず日本貸金業協会にも加盟していない業者になります。存在自体が違法となるため闇金からは絶対に借りないようにしてください。怪しい業者は利用しないようnn
闇金は無職でも借りれる申込ブラックでも借りれるというような甘い誘い文句で困っている人を誘惑してきますがヤミ金業者からは借りないように注意してください。
最近は単に闇金ではなくソフト闇金という名前を名乗る業者も出てきています。

闇金業者の対処法としてはまず

  • 金融庁の許可を得ているかどうかの確認
  • 日本貸金業協会に加入しているかどうかの確認

を行うことが大切です。

闇金から借りてしまうと手数料と称して法外な金利を要求されたり完済させてもらえず延々と利息を支払い続けなければいけないと言ったことになりかねません。

貸金業者には必ずそれぞれ登録番号が割り振られており金融庁のホームページで行き登録貸金業者データベースを開くと金融庁の許可を得ている業者かどうか分かります。登録貸金業データベースに登録されていない業者に関してはリスクがありますので申し込みを避けるようにしてください。闇金からは絶対に借りてはいけません。

タイトルとURLをコピーしました