一時的にお金を作る方法~暮らし別お金を作る方法まとめ~

<h1>一時的にお金を作る方法~暮らし別お金を作る方法まとめ~</h1>

急な出費が続いて今の時点で既にピンチなのに、ATMの画面に表示されている残高はゼロ!
このような経験は誰にでもあるはずです。
そんな時には消費者金融からお金を借り入れたり、友人から貸してもらったり、日払いのバイトでしのいだり…と、誰しも足りないお金を工面するために四苦八苦してしまいます。
自分の暮らしにあった最適な手段を講じ、生活を再びスタートさせるためにはどのような方法があるのでしょうか。
サラリーマンから年金受給者の方まで暮らし別に一覧できるよう、一時的にお金を作る方法を今回まとめて解説しますので参考にしてみて下さい。

<h2>消費者金融を利用して一時的にお金を作る</h2>
一時的にお金を作る方法として最もスタンダードでメジャーなのが、消費者金融の利用と言えるのではないでしょうか。
消費者金融は以前「サラ金」と呼ばれていた事からもわかる通り、サラリーマンの方にとっては昔から身近で人気のある一時的にお金を作る方法かもしれません。
今では申込から借入までのほとんどがネットで完結する消費者金融業者も珍しくありません。
プロミス・アコム・アイフルのような大手から中小まで合わせると、全国に相当な数の消費者金融業者が存在しますが、それらに違いはあるのでしょうか。

<h3>大手と中小消費者金融の違い①:審査基準</h3>
消費者金融業は貸金業なので、第一として顧客にお金を貸す事で成り立っている商売です。
大手であろうが中小であろうが、消費者金融各社は貸金業を営んでいるという意味では同じなので、大きな違いは無いように思われるかもしれません。
銀行など他の金融機関が提供するローン商品と比較して、消費者金融の各種ローンでは大手・中小問わず、利息が高めに設定されているという共通点は確かにあります。
しかし審査基準においては同じ消費者金融でも、大手と中小ではかなりのバラツキがあり、大手よりも中小の方が審査が甘めに設定される傾向があります。
中小消費者金融は街金とも呼ばれる通り、地域密着型の経営を得意としており、顧客である地域住民ひとりひとりに対し受付で丁寧に対面の審査をするため、結果として大手より審査が甘めになるのです。
また、丁寧でありながら30分~1時間ほどで審査が終了する場合もあり、即日融資にもスピーディーに対応してくれるのが中小消費者金融の強みです。
中小消費者金融業者ならどこでも、借り入れが可能か簡単に診断してくれるサイトがあるので、まずはそこで自分が借りられるのかどうかチェックしてから申し込んでみるのも方法のひとつかもしれません。

<h3>大手と中小消費者金融の違い②:利便性</h3>
大手消費者金融の場合は顧客が日本全国に散らばっていますので、どんな地域の顧客にも対応できるようカードローンを展開しています。
カードローンに対応している(カードが発行される)事にそれほどのメリットを感じない方も多いかもしれませんが、実際にお金を借りて返済する時に、店舗に出向かずともコンビニのATMで24時間いつでも返済可能かどうかは利便性に大きな違いがあります。
お金の貸し借りにおいて返済が大きなウェイトを占めるのは言うまでもありませんが、カードがあるため返済時の利便性が高いのは大手消費者金融ならではの強みと言えるでしょう。

<h2>銀行系カードローンを利用して一時的にお金を作る</h2>
一時的にお金を作る方法として、銀行や信販会社が提供するローン商品を利用する方法もあります。
消費者金融からお金を借りる場合と比べて審査基準がやや厳しくなるので、同じサラリーマンでも給与所得が一定よりは多い、支払いの履歴など信用情報に傷が無い方向けの一時的にお金を作る方法と言えるかもしれません。

<h3>銀行系カードローンで融資を受ける</h3>
三井住友銀行(smbcモビット)のような日本を代表するような大手から各地方銀行、楽天銀行(楽天カード)のようなネット銀行グループに至るまで、国内ほとんど全ての銀行では自社のカードローンを金融商品として展開しています。
いわゆる銀行系カードローンと呼ばれる金融サービスです。
銀行系カードローンの最大の特徴・メリットとして、総量規制の影響を受けない点が挙げられます。
総量規制とは消費者金融業者に適用されている、収入の1/3を超えるお金を融資する事を禁じる法律です。
この法律のために消費者金融では、利用限度額がどうしても年収の1/3以内に抑えられてしまいますが、銀行系カードローンにはこの法律が適用されないため総量規制の影響を受けません。
そのため年収の1/3を超える融資も可能となっており、個人向けでありながら200万円~500万円のような大口融資の申し込みにも対応してくれるのが強みです。
しかし総量規制の影響を受けない分融資の際の審査は、平均でも消費者金融業者より辛目に設定されています。
また、既に口座を開設している銀行のカードローンを利用する場合、口座を併用する事で借入までスピーディーになる事も特徴的なので、不安のある方はまずご自分の口座に番号がある銀行のカードローンを検討するのも手段のひとつです。

<h3>不動産担保ローンでお金を借りる</h3>
カードローンとは少々位置づけが異なりますが、まとまった金額の大口融資にも対応してくれるローン商品として不動産担保ローンが挙げられます。
不動産担保ローンは銀行に限らず大半の金融機関が取り扱っているので、その内容をご存知の方も多いのではないでしょうか。
文字通りマイホームや土地などの不動産を担保にした場合の価値を査定してもらい、融資を受けるのが不動産担保ローンです。
融資額が他のローンに比べて100万円を超える大口の取引になりやすく、無担保ローンに比べて年率の利息が低く返済期間が長期に設定されやすいというメリットがあります。
しかし返済が出来なくなった場合、担保としていた不動産を没収される可能性があるという大きなリスクがあります。
融資額が大きいため、担保とした不動産を売却してもなお返済額に及ばない可能性も出てきますが、金額の大きさ故にこういった場合、自己破産による債務整理の可能性が現実的に高くなります。
こういった点を踏まえると、利用の際には綿密なシミュレーションと、いざの場合には車を手放すといった相当な覚悟が必要となるローン形態と言えるかもしれません。

<h3>信販会社系カードローンで融資を受ける</h3>
信販会社とは主に信用販売を行う会社を指しますが、ここで言う信用販売とは消費者の信用に基づいて金融業者が立替払いを行う事を意味します。
信販会社系カードローンとしては、JCBカードローンのような金融商品が代表例として挙げられます。
一般的に審査結果が分かるまでの期間が長く(概ね2~3週間程度)審査が厳しい反面、低金利で大口融資にも対応してくれるメリットがあります。
信販会社系カードローンではローンに加えて、提携するATMの手数料が特定回数無料になるといったような、独自の金融サービスを付帯させるケースも目立つのが特徴です。

<h2>クレジットカードで一時的にお金を作る</h2>
一時的にお金を作る方法の穴場としては、クレジットカードの活用も挙げられます。
クレジットカードは現代において職種や年齢を問わず、様々な方の暮らしの一部に溶け込んでいるのではないでしょうか。

<h3>キャッシング枠を利用してお金を作る</h3>
クレジットカードで一時的にお金を作ると言われてもあまり知られていないため、いまいちピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。
通常クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が付いており、キャッシング枠を利用する事でお金を借りる事が出来るのです。
クレジットカードのキャッシングを利用するには、事前に契約会社の審査を受けておく必要があり、即日融資というわけにはいきません。
使う使わないは別にしても、いつ何時何が起こるのかわからないので、あらかじめ何かあった時のために審査を受けておき、キャッシング枠を空けておくのも手段のひとつかもしれません。

<h2>公的機関を利用して一時的にお金を作る</h2>
一時的にお金を作る方法としては、消費者金融や銀行系カードローンだけでなく、公的機関のサービスを利用するのもひとつです。
何らかの理由により生活が困窮する方が暮らしを再建しようとする場合、相談に応じてくれる公的機関は頼もしい存在となるでしょう。

<h3>公的機関が提供する色々な制度</h3>
信用情報に傷がある等の理由により、消費者金融や銀行系カードローンが利用できない事は現実問題として起こり得ます。
一時的な失業や病気(医療費)のために、収入や手持ちのお金が著しく減少する事も現実問題として起こり得ます。
つまりどんな人でも突然、経済的な弱者になる事はありえます。
市役所や社会福祉協議会のような公的機関では、市民の暮らしと福祉を守るため以下のように様々な種類の困窮救済制度を行っています。

・生活保護:一時的に困窮した世帯に現金を給付する制度
・生活福祉貸付制度 :一時的に困窮した世帯に現金を貸付する制度
・求職者支援資金融資 :失職から次の就職までの生活資金を貸付する制度
・母子父子寡婦福祉資金貸付金制度 :ひとり親家庭の子どもの進学等を支援するための貸付制度

生活保護は現金を給付する制度、他の3つは現金を貸し付けする制度という仕組みの違いはありますが、いずれにしても生活に困窮した際に一時的にお金を作る事が出来る方法となります。
公的機関が提供する現金貸付制度は、消費者金融や銀行など民間企業からお金を借りる場合と比べて担保が不要な場合が多く、後々返済しやすいよう利息が基本的にとても低く設計されているのが大きな特徴です。

<h2>事業者が一時的にお金を作る方法</h2>
毎月の給与がある程度は保障されているサラリーマンの方と違い、日々の資金繰りが安定せず解決のため悪戦苦闘している事業者の方は多いのではないでしょうか。
株式会社ならば株により資金調達できますが、有限会社や中小規模の事業主の場合はそのような方法で費用を調達するわけにも中々いきません。
事業者が一時的にお金を作り資金調達する方法は多種多様で、状況に応じて選択に幅があります。

<h3>ビジネスローンでお金を作る</h3>
事業者向けにビジネスローンを提供する金融機関は数多くあります。
消費者金融・銀行の大多数は、ビジネスローンを金融商品にしていると言っても過言ではありません。
ビジネスローンは法人を対象にしているイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、多くの場合個人事業主でも利用できる上に、最短で即日融資も可能という大きなメリットがありますので、資金調達の方法としては即効性があると言えるでしょう。
ビジネスローンにおける審査では主に、業績(基本として最終の決算が赤字ではない)や業歴(最低でも1年以上)を調査されますので、業績や業歴次第では融資を受けられない可能性も当然あります。

<h3>日本政策金融公庫から事業資金を借りる</h3>
日本政策金融公庫は公的支援を目的とした国が運営する金融機関です。
ビジネスローンの審査に通らなかった事業者でも、融資を受けられる可能性が残ります。
国が運営主体であるため用意すべき書類等も含めて指定の手続きがやや煩雑ではありますが、審査に通れば民間の金融機関から融資を受けるよりも遥かに低い金利(概ね1%程度)でお金を借りる事が出来るメリットがあります。
日本政策金融公庫では個人事業者向けに国民生活事業の融資制度を用意しており、他の制度に比べて手続きが簡素化されている上に利用条件等に制限が少ないため、資金繰りに困っている個人事業主の方にはおすすめです。

<h3>信用保証協会から保証を受けてお金を借りる</h3>
中小企業や小規模事業者の、円滑な資金調達支援を目的とした公的機関が信用保証協会です。
中小企業の場合どうしても、大企業と比べて融資したお金が戻って来ないリスクが高いため、中小企業への資金融資を渋る金融機関が多いという現実があります。
しかし信用保証協会が第三者的に債務の保証を負う事で事業者の信用性が高まり、その結果銀行などからの資金調達がしやすくなるのです。
何らかの原因で経営が行き詰まり金融機関への返済が滞った場合、信用保証協会が代わりに弁済してくれますが(代位弁済)、信用保証協会への返済義務は当然残ります。
信用保証協会が代位弁済する際の原資は税金なので、仮に借金の返済不能が発生しても、債務整理の類には原則として回答してくれない事は留意しておく必要があります。

<h3>法人向け不動産担保ローンを利用する</h3>
不動産を所有する法人の資金調達方法として、法人向け不動産担保ローンが挙げられます。
法人が不動産を所有する場合、個人と比べて不動産規模が大きいのが通常なので、それに伴い融資額も大きくなる傾向にあり、場合によっては億単位の契約も可能です。
融資額が大きくなるので金利も低く設定され審査スピードは遅くなるものの、個人と比べて法人が所有する不動産は資産価値として信用度が高いので、審査自体には通りやすいという特徴もあります。

<h3>ファクタリングを利用する</h3>
近年新たに注目されている資金調達方法にファクタリングが挙げられます。
ファクタリングとは、既に確定している売掛金をファクタリング企業に買い取ってもらう事で、取引企業から入金される予定の売り上げを事前に振込みしてもらう資金繰り方法です。
企業同士の取引において売掛金が正式に口座に入金されるまでには、依頼から通常1ヶ月ほどのタイムラグが生じます。
経営状態によってはこのタイムラグが非常に痛い場合もあり得ますが、ファクタリングによって売掛金の書類を元に前払いで収入を取得する事が出来ます。
申込から1日の内に振込まで完結する場合もあり、今日明日のお金に困っている事業者にとっては心強いシステムと言えるでしょう。

<h3>クラウドファンディングを利用する</h3>
ファクタリングと同じく近年注目されている資金調達方法に、クラウドファンディングが挙げられます。
主にインターネットを経由して、不特定多数の人が個人や組織に財源の提供や協力などを行うシステムです。
自らが考える事業に出資してくれる人を、ネットを使って広く募集するシステムと言ってもよいでしょう。
熱意やアイディアで資金を調達できるというメリットがあります。
ちなみにクラウドファンディングで出資すると、株のように分配金が得られる場合もありますが、そういった金銭的利益とは無縁のケースもあります。
そうなるとクラウドファンディングで出資する側の人間にはどんなメリットがあるのか、不思議に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、融資した側には社会にとって有益と思われる事業に投資したという充足感や名誉があるようです。

<h2>学生や年金受給者が一時的にお金を作る方法</h2>
学生が在学中にお金を借りる制度としては奨学金がありますし、高齢者が労働に就かずとも安心してある程度の生活が保証されるよう年金制度があります。
しかし学生や年金受給者でも、不測の事態で生活に窮する可能性は十分に考えられます。
奨学金や年金制度以外にも、学生や年金受給者が一時的にお金を作る方法として、学生ローンや年金担保貸付制度があります。
ただし学生にしても年金受給者にしても、稼ぐ事ができる金額は社会人や現役世代と比べて限界があります。
以下に紹介する各種金融ローンを利用する際には、あくまで緊急避難的な措置として、必要以上に借り入れする事の無いよう注意して下さい。

<h3>学生ローンを利用する</h3>
学生が一時的にお金を作る方法として、学生ローンの利用が挙げられます。
学生向けの消費者金融商品をイメージするとわかりやすいかもしれません。
緊急で10万円が必要なのに、どうしてもアルバイトだけでは工面できない!と言った場合などに、一時的にお金を作る方法のひとつではありますが、申込みに際してはくれぐれも計画性を持ち、第一である勉学に支障が出ないようにしましょう。

<h3>年金担保貸付を利用する</h3>
年金生活者向けの少額ローンとしては、年金担保貸付制度が挙げられます。
年金担保貸付制度とはその名の通り、年金受給権を担保として融資を受ける制度です。
老齢年金・老齢基礎年金・障害年金・遺族年金のいずれもが対象となりますが、この制度は2022年3月末をもって廃止される予定です。

<h2>在宅で一時的にお金を作る方法</h2>
働き方の多様化や社会情勢の不安定化に伴い、パソコンやスマホを使って在宅で一時的にお金を作る方法が注目を集めています。

<h3>アフィリエイトでお金を作る</h3>
ネット環境を使用して一時的にお金を作る代表的な方法として、アフィリエイトがランキングの上位に挙げられます。
PCやスマホ等のネット環境があれば、誰でも手軽に少ない投資(なしの場合も多々あり)で始められるのがアフィリエイトのメリットです。
サイトを作成してページに広告を張り付けたり、youtubeに動画をアップして広告収入を得たり、ショッピングサイトを運営したりと、現在では様々な形態のアフィリエイトがあります。
アフィリエイトでは自分のペースで自由に仕事をこなせるので、初めてのサラリーマンの方でも隙間時間の内の副業として、手を出しやすいのもメリットでオススメです。

<h3>在宅ワークでお金を作る</h3>
在宅でお金を一時的に作る方法として、在宅ワークの実践が挙げられます。
クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトに登録し、外部から仕事を請け負う事で収入を得る方法です。
れっきとした企業から仕事を外注されるので、収入源としての信頼性と確実性が高いのがメリットです。

<h3>投資でお金を作る</h3>
一昔前まで投資と言えば敷居の高い分野でしたが、ネット環境が整備された事で今や誰でも気軽に始められるようになりました。
株式やFXなどを自宅で少額から始められるようになり、投資家人口も年々増加している事から、国内企業も続々と投資市場に参戦し、益々簡単に投資が出来るようになっています。
iDeCo(イデコ/個人型確定拠出年金)のように、運用益が非課税になったり確定申告の際の控除対象になるなど政府が実質、積極的に投資を推奨している金融商品もあり、投資を通してライフプランを計算・作成する方も多いようです。

<h3>ポイントサイトでお金を作る</h3>
一時的にお金を作る方法として、ポイントサイトの利用も挙げられます。
登録したサイトから送られてくるアンケートに答えたり、商品のモニターになったりする事でポイントを獲得し、ポイントを現金等に交換するのです。
1つ1つの案件に付随するポイントは少額な場合が多いので(0円に極めて近い場合もあり)、一度に多額の現金を得る(ポイントが貯まる)のは限度があると考えられますが、お小遣い程度なら十分に稼げますし、チリも積もれば~の格言通り時間をかければそれなりの額のお金を作る事も可能です。

<h3>せどりでお金を作る</h3>
せどりとは簡単に言えば転売です。
せどり自体は昔からあるお金を作る方法で、例えば古本屋でお宝本を探し安い値段で買取した後、価値を認めるマニアに高値で販売(転売)するといった手法が使われてきました。
こういった手法はネットとの相性が良く、ヤフオクやメルカリの登場で本格的にせどりに手を出す方も増え、現在では在宅で一時的にお金を作る方法のひとつとしてすっかり市民権を得た感すらあります。

<h3>ドロップシッピングでお金を作る</h3>
ネットビジネスのひとつとして、ドロップシッピングが最近注目を集めています。
ドロップシッピングとは、在庫を仕入れる事なくネットショップに商品を掲載し、商品が売れたらメーカーなどから消費者へ商品を直接発送するビジネスを指します。
ドロップシッピングはネットショップの一形態と言えるかもしれません。
在庫を抱えるリスクが少ないので、ビジネスとしてのリスクも少ないのがドロップシッピングのメリットですが、手元に在庫を抱えていないためビジネスとして卸業者への依存度が高くなるデメリットもあります。

<h2>審査無しで一時的にお金を作る方法</h2>
最初に紹介した通り消費者金融からお金を借りるのは、一時的にお金を作る方法としては確かにメジャーですが、審査落ちの可能性を伴うためリスキーとも言えます。
例えばブランド品をお持ちの方なら、審査落ちの可能性がない方法で一時的にお金を作る事もできます。

<h3>質屋でお金を作る</h3>
一時的にお金を作る際に審査が無い方法として、質屋の存在が挙げられます。
今まで質屋は物品を担保にお金を借りる場所という認識でしたが、最近では様相がだいぶ変わり、次第に要らなくなったブランド品等を質屋に売って、一時的にお金を作るために利用する方が多いようです。
尚、質屋で物品を担保にしてお金を借りる際、顧客の信用情報に関する審査が無い分、貸付利息が高くなる傾向がありますので留意しておきましょう。

<h3>フリマアプリでお金を作る</h3>
スマホをお持ちの方なら、フリマアプリで一時的にお金を作る方法もあります。
フリマアプリとは、オンライン上でフリーマーケットのように個人間で物品の売買を行える、スマートフォン用のアプリを指します。
代表的なフリマアプリとしては、メルカリが挙げられるでしょう。
フリマアプリは誰でも手軽に参加できるため、一時的にお金を作る方法としては非常に便利ですが、個人間で物品や金銭のやり取りをするのでトラブルも起こりやすく、実際にそういったニュースを耳に挟む機会も増えています。
あらかじめトラブルが起こりやすい事を認識した上で、やり取りが完了するまではマメに連絡を取ったり、怪しいネタには手を出さない等の対策や心がけが必要となるでしょう。

<h3>身内・友人・知人からお金を借りる</h3>
改めて紹介するまでもなく、身内・友人・知人からお金を借りて一時的にお金を作る方法もあります。
一時的にお金を作る方法として家族からお金を借りるのは、最も一般的かもしれません。
しかしこういった人たちに借金をお願いする際には、トラブルが起きないようくれぐれも気を付けましょう。
いくら親しい間柄でも、借りたお金がたとえ1万円でも5万円でも、お金の切れ目が以降の縁の切れ目になる事は往々にしてあります。
縁が切れなくてもお金を借りた事がきっかけとなり、後で人間関係がギクシャクする事も往々にしてありますので、こういった人たちからお金を借りる際には、自分の信用を傷つける事のないよう注意しましょう。

<h3>単発バイトでお金を作る</h3>
一時的にお金を作る方法として単発バイトで稼ぐ方法も、もちろんあります。
単発バイトは日払いの場合も多いので、一時的にお金を作る方法としてはうってつけですし、何より、人からお金を借りる事が無いので人間関係のトラブルが起きません。
日払いバイトの多くは時期を問わず肉体労働の場合が多いので大変ではありますが、大変さを差し引いても即金が手に入るのは大きなメリットです。
シフトを多く入れ一度でも顔なじみになると、大きなイベントや繁忙期に向こうから声を掛けてくれる事もあるので、何かあった時のための保険的な位置づけとして、普段から実績を作っておくのも手かもしれません。

<h2>新型コロナでピンチになった場合に、一時的にお金を作る方法</h2>
猛威をふるう新型コロナウイルスのせいで生活状況が激変し、先が見通せない方も多いのではないでしょうか。
新型コロナウイルスの影響で、収入が減少したり失業したりといった世帯を支援するため、以下のような制度が用意されています。
いずれの制度も原則として、コロナの影響で収入が減少した世帯や事業主が給付や貸付の対象となります。
尚、各制度は要件等が時勢に応じて今後も変更される場合が多々ありますので、申請の際には必ず該当する公的機関のwebや電話などで「最新の情報」を確認してください。

※【参照】厚生労働省「生活を支えるための支援のご案内(2020年7月16日更新分)」
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000622924.pdf

<h3>新型コロナウイルスに関する給付金</h3>
新型コロナの影響を受けて収入が減少した世帯が暮らしに困らないよう、様々な給付金が用意されています。
給付金なので貸付金と異なり事実上お金がもらえる制度ですが、申請の際に不正を働いた場合は詐欺とみなされ法的にも確実に重大なペナルティを課されますので、くれぐれも嘘や不正の無いよう留意しましょう。

・持続化給付金:個人事業主や法人が事業を継続出来るよう、売り上げの補助をするための給付金
・家賃支援給付金:事業者の事業継続の下支えを目的とした、地代・家賃(賃料)の負担を軽減するための給付金
・ひとり親世帯特別持続給付金:子育てと仕事を一人で担うひとり親世帯を支援するための給付金
・子育て世代への臨時特別給付金:児童手当を受給する世帯(0歳~中学生のいる世帯)を支援するための給付金
・住宅確保給付金:住居を失う恐れが生じている方に対して、一定期間家賃相当額を支給する給付金(※住宅ローンの場合は給付要件が複雑なので要確認)
・学生支援給付金:困窮する学生を経済的に支援するための給付金

<h3>新型コロナウイルスに関する貸付金</h3>
主として各都道府県市区町村の社会福祉協議会が運営主体となって、以下の貸付制度(原則として無利息/保証人は不要)を実施しています。
申請書は原則として面談もしくは郵送で受け付けていますが、審査から貸付までには10日~30日間は見ておいた方が無難です。
給付金と同様に、以下の貸付制度は要件や概要などが変更になる場合がありますので、申請の際には必ず該当する公的機関のリンク等で「最新の情報」を確認してください。

・緊急小口資金:20万円を上限として暮らしの困窮(生活費)を支援するための貸付制度
・総合支援資金:緊急小口資金では困窮をしのげない世帯を、原則として3か月間支援するための貸付制度

タイトルとURLをコピーしました