本当に貸してくれる個人間融資?ネット掲示板の情報は危険!

ネット掲示板を中心に最近、個人間融資が行われているという記事をよく見るようになりました。
個人でネットを経由してお金を貸し借りする個人間融資は、果たして安全なのでしょうか?
個人間融資に関わっているのは、実際にはどのような業者なのでしょうか?
本当に貸してくれる個人間融資についての情報をまとめました。

個人間融資は危険?結論から言うと、個人間融資はトラブルも多く報告されており、危険です。
どうしても近日中にお金が必要という方は、お金のプロであるお金の相談サイトに相談するようにしてください。
ここでなら確実に借りられる業者を教えてもらえます。

個人間融資のしくみ

ネット掲示板を中心に行われている個人間融資とは、どのような仕組なのでしょうか?

ネット掲示板を使った個人間融資の例

個人間融資掲示板の場合、ネット上の掲示板にお金を借りる側と貸す側の両方が書き込みをします。
お金を借りたければ「○○円借りたいです」、お金を貸すのであれば「○○円貸します」といった具合です。
お金を借りたい側はその際、以下の情報を掲示板に書き込みます。
・ハンドルネーム
・居住地域(都道府県など)
・年齢
・性別
・借入希望額
・連絡先(携帯番号、メールアドレスなど)
・返済方法
・特記事項(緊急性が高い等)
掲載したメールアドレスを通じてやり取りをし、お互いの条件が合えば電話を通して本格的な詰めの交渉をするのですが、サイトを利用する上で会員登録などは特に必要ありません。
twitterなどSNSの場合も基本的にはネット掲示板と同様のツイートがなされ、お金を借りたい側と貸したい側が融資の話し合いや交渉をします。

個人間融資と法律

個人間融資は文字通り個人間でお金の貸し借りをする事ですが、このような行為は法律上問題がないのでしょうか?
金融庁のサイトには以下の記述がありますのでそのまま引用します。
・「個人であっても、反復継続する意思をもって金銭の貸付けを行うことは、貸金業法上の「貸金業」に該当します。貸金業を営む場合は、国又は都道府県の登録を受ける必要があります」
※金融庁:個人間融資の注意喚起サイトより一部引用
https://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/kinyu_chuui.html
金融庁の文章をそのまま素直に読むと、個人間融資は法律に違反する行為、つまり不法行為だと解釈でき、弁護士など法律の専門家も違法と解釈しています。
個人間融資では借用書を交わさないケースも多く、これは典型的な詐欺行為とも言えるでしょう。
個人間融資は不法行為(詐欺)なので、関わるのは非常に危険と考えても間違いはなさそうです。

個人間融資掲示板は詐欺!その危険性とは?

個人間融資は詐欺なのですが、具体的にどのような危険性があるのでしょう。

個人間融資=詐欺、その危険性①:法外な利息を要求される

個人間融資ではお金を借りた相手から、法外な利息を要求されるケースが目立ちます。
法律上20.0%を超える利息を要求する事は許されていませんが、個人間融資では利息が100%を優に超える場合もザラです。
当然このような行為は違法行為です。

個人間融資=詐欺、その危険性②:個人情報をさらす

個人情報を個人間融資掲示板にさらすのは非常に危険な行為です。
ネット上に存在する個人間融資掲示板は、誰が見ているのか全く分かりません。
不特定多数の人間に自分の個人情報をさらすのはあまりにもリスキーです。
個人情報の中でも特に、口座情報・携帯番号・メールアドレスが不特定多数に広まると、口座に不正アクセスされる等の被害を被る可能性が高まります。

個人間融資=詐欺、その危険性③:押し貸し

押し貸しとは一度完済した後も、頼んでいないのに勝手にお金を振り込んでくる事を言います。
勝手にお金を振り込み、再び法外な利息を要求してくるのです。
押し貸しとは少々異なりますが、お金を借りたい側にまずは補償金を入金させて、そのまま連絡を絶つ(逃げる)実例もあるようです。

個人間融資=詐欺、その危険性④:他の業者へ情報が流れる

個人間融資においてお金を貸す側は往々にして、実は裏で繋がっている場合が多いのです。
業者同士で顧客の情報を共有しているので、1社を完済しても2社目から連絡が来るといった具合に、次から次にあの手この手で接近してきます。
いつまでも借金地獄から抜け出せなくなるという構図です。

個人間融資=詐欺、その危険性⑤:犯罪に巻き込まれる

個人間融資によって犯罪そのものに巻き込まれる事件も最近増えています。
個人間融資によって法外な利息を要求された挙句に返済不履行に陥り、それをネタに詐欺における出し子の役割を強制させられるといった実例があります。

個人間融資=詐欺、その危険性⑥:パパ活・ひととき融資との連動

ひととき融資とは個人間融資でお金を貸し付ける際に、相手に体の関係を求める融資方法の事です。
パパ活と似た側面があるかもしれませんが、ひととき融資はお金をネタにダイレクトに売春行為を強要させられている状態と言えるでしょう。
借金と売春は非常にナイーブな問題を含むので、困っても他人に相談しづらいという弱みを相手に握られるので特に危険です。

個人間融資でお金を借りる前に…

個人間融資に手を出すという事はその時点で、かなりお金に困った状態だという事が予想されます。
いくらお金に困っていても、個人間融資に頼らずともピンチを乗り越える方法はいくらでもあります。

個人間融資でお金を借りる前に試したい解決策

・中小消費者金融の利用:中小消費者金融は他の金融業者よりも審査基準が甘いので狙い目。
・公的機関に相談:市役所の生活保護や社会福祉協議会の緊急小口資金に給付申請をする。
・フリマサイトや質屋の利用:フリマサイトや質屋で物を売ってとりあえずの現金を手にする。
・日払いやクラウドソーシングの活用:日払いの仕事や在宅ワークで急場を凌ぐ。
個人間融資掲示板に書き込むという事は、銀行系カードローンや大手消費者金融各社からは既に融資を断られた状態かもしれません。
仮にそのような金融業者から借り入れを断られても、以上のようにいくらでも問題を解決する方法はあります。

本当に貸してくれる個人間融資=個人のフリをした闇金

個人間融資掲示板でお金を貸す人間が全て闇金とまでは言えませんが、それらのほとんどは実際には闇金と考えても間違いありません。
法外な利息・押し貸し・業者間での情報の回し流し等といった手法は、まさに闇金のオハコ・得意技なのです。
個人間融資が闇金である以上一度でも利用すると、詐欺などの犯罪に巻き込まれる可能性が極めて高くなります。
本当に貸してくれる個人間融資を宣伝する闇金に手を出さずとも、中小消費者金融や市役所など問題解決のため相談に乗ってくれる業者や機関は存在します。
同じネットでも個人間融資掲示板ではなく、フリマやクラウドワークを利用した方が有益です。
本当に貸してくれる個人間融資を語る闇金には、くれぐれもダマされないでください。

タイトルとURLをコピーしました